妻の浮気相手・不倫相手

妻の浮気相手・不倫相手への対応方法について

もし嫁が浮気をしていたら、浮気相手の男に対してどのような対応を取るべきなのでしょうか。多くの場合、浮気相手には慰謝料を請求できます。ただし、妻が浮気相手に既婚であることを黙って隠していた場合は、浮気相手も被害者という認識となり、夫から浮気相手に慰謝料は請求できません。

 

慰謝料の額

慰謝料は、離婚をする時だけでなく、離婚しない時でも相手の男性に請求できます。ただし、離婚しない場合は慰謝料が低くなります。慰謝料の額は離婚時には300万円〜500万円、離婚しないケースでは150万円〜300万円ほどです。慰謝料額に上限はなく、浮気の時効は基本的に3年ですので、すでに終わった過去の浮気に対しても効力を発揮します。

 

浮気相手の家族に事実を伝える

女房と離婚すると腹に決めた場合や、慰謝料の額は関係なしに浮気の証拠を集めたい場合は、相手の家族に浮気の事実を伝えるのも一つの手です。これによって慰謝料の額は低くなるかもしれませんが、請求する権利には全く関係ありません。

 

ダブル不倫の場合

妻の不倫相手が既婚者の場合、不倫相手の男に慰謝料請求すると、不倫相手の妻からも慰謝料請求される可能性があります。するとあなた方夫婦の家計から不倫相手の妻に対して慰謝料を支払うことになります。これを回避するには、不倫相手の奥さんが不倫の事実を知らない状態で慰謝料を請求することです。不倫相手が結婚をしている場合、不倫の事実を明るみに出したくないことも多いです。そのため、相手の社会的地位が高い場合や、相手の家族にばらさないことを条件にすれば、高い額でも素直に払うことがあります。

 

慰謝料の請求方法

慰謝料の請求方法はいくつかあります。本人同士や弁護士に依頼して話し合いによる示談交渉、内容証明郵便での慰謝料請求、調停による交渉などです。ただし内容証明郵便には強制力がありません。また、示談交渉では約束事を公正証書にしておくことで強制力が発生します。違反した場合は、給与や財産の差押さえを行うこともできます。誓約書には「家内と不倫相手が今後一切会わない」「連絡してはいけない」「今度不倫したらどうする」などを記して残しておく事も大切です。二度と浮気が起こらないように、きっぱりとした別れ方をさせる必要があります。

 

⇒妻の不倫相手の相談も可能な興信所・探偵社