妻の浮気の定義とは

妻の浮気の定義とは?どこからが浮気の境界線??

最近は「旦那が不倫をしていた」「家内が浮気をしている」という話題はあまり珍しいものでなくなってきました。ところで、浮気とはどういう意味で、不倫とどう違うのでしょうか。

 

浮気と不倫の法律的な意味

まず、浮気と不倫という言葉は法律では明確に定義されていません。法律の解釈では、民法第752条で夫婦間の貞操義務があり、それに反する行為は不貞行為となります。不貞行為は離婚理由になることが民法第770条に定められています。不貞行為とは、結婚している人が自分の意思で配偶者以外と性的交渉を行うことです。一時的なものでも継続的なものでも不貞行為にあたります。

 

浮気と不倫の違い

一般的に浮気と不倫の違いは結婚しているかどうかで分けられます。夫・妻以外と性交を行うことは不倫と呼ばれますが、結婚していない者が付き合っている相手以外と性行為を行うことは不倫と言わず浮気と言います。また、不倫は性行為が関係してくることが多いですが、性行為がなくても浮気とされることがあります。

 

どこからが浮気か

人によって浮気の境界線は変わります。性的交渉を行っていなくても、食事やコンサートに一緒に行くだけで浮気だと考える人もいれば、贈り物をしただけで浮気と考える人もいます。

 

また、男性と女性でも浮気の範囲が変わります。例えば夫は嫁が他の男とキスをしていたら浮気だと考える人が多いですが、女性の場合は気持ちが入っていなければ浮気ではないと考える人も多いです。また、女房が他の男性と遊びに行くことは許せても、同じコップから飲み物を飲むいわゆる“間接キス”が許せない亭主もいます。これは男性が物理的な行動を重視するのに対し、女性は心理的な側面を問題視する傾向からきています。

 

最近の女性は浮気願望が増加している

浮気についての調査は複数ありますが、浮気・不倫の経験があると答えた女性の割合が4割を超えたものもあります。これはスマホが普及し、SNSを誰にも知られず利用できる環境が影響していると言われています。また、不倫をテーマにした昼ドラがブームとなったことからも、現代の女性たちの浮気願望は高まり、浮気率も増加していると考えられます。

 

⇒妻の不倫調査に強い興信所・探偵社ランキング