専業主婦の浮気・不倫

専業主婦の女性(妻)が浮気しやすい理由と不倫の対処法

専業主婦とは、夫が仕事をしており、自分は仕事をしていない女性のことをいいます。専業主婦は家庭内の家事全般を行うことが多いですが、仕事をしていないため自由になる時間が多いです。そのため専業主婦の人は浮気・不倫をする時間的な余裕があるといえます。

 

浮気をしやすい専業主婦の特徴

子供がいない夫婦の場合、夫が仕事に出ている間は家事以外に嫁はやるべきことはほとんどないといっていいです。これは子供が全員独立した専業主婦の場合も同様です。家事をうまくこなせば、プライベートな時間を確保できるわけですから、浮気している専業主婦はその時間を使うことが大半です。

 

特に余裕があるのは自営業者の妻、いわゆる社長夫人です。このような人たちの中には夫の会社を手伝う必要がない人たちもいますし、経営がうまく行っていれば金銭的な余裕も出てきます。時間もお金も持ち合わせ、夫は仕事で外出している。そういった状況でちょっとした刺激を求めて不倫する人がいるのも事実です。

 

一見浮気をしにくい状況でも…

また、子育て中であっても、子供が保育園・幼稚園や学校に行っている間は家内は自由な時間が確保できます。仮にパートタイマーとして働いていたとしても、扶養範囲内で働こうとするとフルタイムでは働きません。一週間のうち何日かは仕事が休みですし、一日に働く時間も短いために不倫に利用できる時間は確保しやすいでしょう。中には親の介護をしていても不倫をする人がいます。訪問介護などを利用すれば家を空けることは可能だからです。

 

専業主婦の妻の浮気が疑わしい時

専業主婦は昼間の時間に融通がききやすいため、その時間を不倫の時間に当てることが特徴です。そのため妻の浮気が疑わしい場合は、まず不倫をしていると疑われる日時や曜日を把握することが大切です。その上で疑わしい時間帯にあえて女房に電話してみてきちんと電話に出るか、どこにいるかを聞いてみるといいでしょう。もし電話に出なかったり、事前に聞いていた話と違っていたら、浮気の可能性が高いと考えられます。

 

⇒妻の不倫調査で選ばれる探偵・興信所ランキング