営業職の女性の浮気・不倫

営業職・セールスマンの女性が浮気する理由と不倫の対処法

営業職はセールスマンともいわれていましたが、最近は女性の営業職も増えてきました。そして女性営業職も浮気や不倫が多いといわれてます。

 

営業職の仕事柄

営業職がそもそも人とのつながりを大切にしなければならない職業です。そして常に売り上げ目標に追われて外回りを行っています。法人営業の場合、昼は客先を回り、事務所に戻ってから事務処理を行います。もちろん残業になりますし、休日も顧客から電話がかかってくるなど、プライベートの時間がないハードワークです。

 

しかし営業職は結果が全てですから、女性が出世しやすい職業でもあります。そのためいわゆるキャリアウーマンといわれる人たちの職業は営業職が多いです。また、キャリアプランとしてはマネージャー(管理職)や企画職(マーケティング)への転向など、その後の道筋がわかりやすいのも特徴といえます。そのため多くの女性が営業職として働いているのが現状です。

 

営業職は人と知り合う機会が豊富

営業職は客先を回るのが仕事ですから、毎日多くの人と知り合う機会があります。営業が苦にならない人は会話も慣れているため、営業職である女房は異性と仲良くなりやすいといえます。そのような仕事ですから、嫁が不倫相手を見つけるのも難しくありません。魅力的な人と知り合う機会も多く、本人も物おじせず積極的にアプローチできるため、不倫相手を作るのも難しくありません。客先に訪問することを理由に、不倫相手と会う時間の言い訳を作るのも疑われにくいです。

 

営業職の仕事柄、オンナが武器になる

女性営業職の場合、サービスや製品を買ってもらうために枕営業をする人もいます。男性相手の商談である程度の魅力があればいざというときは有効な手段とも言えます。

 

また、職場の上司が営業職経験者の場合、努力している部下に感情移入することがあります。それを逆手にとって、上司と肉体関係になり、評価を上げてもらおうと考える人もいます。

 

営業職の妻の浮気のチェックポイント

営業職の妻が浮気をする場合、仕事を理由にすることがほとんどです。「最近特に家内の残業や飲み会が多くなったな」と感じる場合は浮気に要注意です。

 

⇒妻の不倫調査で選ばれる探偵・興信所ランキング