女性教師の浮気・不倫

教師・教員女性(妻)が浮気しやすい理由と不倫の対処法

教員や学校職員、いわゆる先生と呼ばれる職業は浮気の多い職業です。教師として働くのであれば、主に小学校、中学校、高校(高等学校)、そして特別支援学校です。それらの職場はほかの一般的な企業よりも閉鎖的な環境で、ほとんど外部の人との接触がありません。加えて日ごろ接するのは自分の教え子ばかりですから、自分よりも上の立場の人たちが圧倒的に少ないのです。そのため人間的に醜い部分を抑える必要があまりないまま過ごし、自分勝手な性格になることが多いといわれています。

 

また、教師の世界は狭いため、教師間のいじめや保身のためのパワハラなどが横行し、ストレスが多い職場も存在します。そのような環境において、浮気や不倫は多くの問題の一つ、要は公にならなければやってもいいとさえ思えてくるのです。

 

浮気・不倫相手は同じ職場の男性教師

女性教師の不倫相手で特に多いのが、役職の高い男性教師です。役職が高ければ評価を与える権限を持っていますし、職場でも何かと融通を図ってもらえます。不倫の事実が公でないとしても、それとなく周囲が察して様々なことがやりやすくなっていくだけでも大きなメリットです。

 

そして相手は自分と同じ仕事の経験者であるため、不満や悩み事を相談できる相手でもあります。いくら夫が女房の仕事に理解を示そうとしても、同じ現場にいなければわからないことも多いものです。そういったことからも、自分を最も理解してくれるのが不倫相手だと考える女性も多いです。

 

教師の妻の浮気が疑わしい時は

教師はただ授業をやっていれば済むものではありません。部活の顧問や課外活動、修学旅行などの年間行事の担当者になれば、その準備などがあります。それをいいことに浮気の口実に使う人もいるようです。そこで、嫁の浮気が疑わしい場合は一度学校側に事実確認を行うのがいいかもしれません。単独行動でなければほかの人が覚えているはずですし、修学旅行先の下見などなら領収書などが残っているでしょう。それらと家内からの報告を比べてみて、怪しいと感じたら、探偵を雇って本格的に調査するのが理想です。

 

⇒妻の不倫調査で選ばれる探偵・興信所ランキング