女性経営者の浮気・不倫

女性経営者・女社長が浮気しやすい理由と不倫の対処法

女性の経営者を想像すると、どんなイメージが浮かびますか? 呼び方によっても変わりますよね。「女社長」といえば力強い実力派な感じがしますし、女性起業家というと自分の会社を興したばかりの個人事業主といった印象を受けます。最近ではCEOや代表取締役という肩書の女性を目にする機会も増えてきました。ただ、どんな呼び方になろうと企業のトップであることに変わりありません。

 

また、経営者でなくても取締役だったり、高給・高収入な女性は多くの男性より気が強いものです。そして考え方も男性寄りの人ばかりです。地位や収入の高い男性ほど浮気をしやすいといわれますが、これは女性にも当てはまります。そして女性経営者ともなれば、結婚していても不倫することにためらいはありません。

 

女性経営者が不倫をするとき

もともと男性的な部分の多い女性経営者は、男性が考える以上にドライな考えを持っているものです。目的を達成するために冷徹な判断を下すことに慣れているといえます。そのため、たとえ結婚している女房であっても、不満があれば不倫することにあまりためらいません。経営者である嫁は日常的に地位の高い男性と知り合う機会も多いはずです。魅力的な男性に出会ったら、手をこまねいているはずがありません。金銭的にも余裕がありますし、仕事で生活が不規則になることも多いですから、家族への言い訳もしやすいです。一般的な家内が夫に対して感じる「養ってもらっている」という感覚も薄いですから、仮に浮気が発覚して離婚しても直接的なダメージは少ないです。だって、自分の生活費はすでに稼げているのですから。

 

経営者である妻の浮気への対処

家庭での主導権をどちらが持っているかにもよりますが、妻が浮気をしていたらまずは事実確認を進めましょう。もし本当に浮気をしているとしたら、証拠を集めることが何より重要です。浮気していないのであれば疑いが晴れるのですから。そして、個人で行うのではなく、まずは探偵などの専門家に相談することで方向性が得られるのではないでしょうか。

 

⇒妻の不倫調査で選ばれる探偵・興信所ランキング