看護師の女性の浮気・不倫

看護師の女性(妻)が浮気しやすい理由と不倫の対処法

看護師といっても色々な資格や職場があります。例えば大学病院などは正看護師資格の人が多いですし、個人のクリニックや診療所には准看護師資格の人が務めていることが多いです。また、認定講座を受けた認定看護師資格者もいれば、大学院で学んだ専門看護師もいます。これらはすべて看護師と言われます。また、助産師や保健師の資格で働く人もいます。職場は病院だけでなく、介護保険施設、訪問介護ステーション、社会福祉施設でも看護師資格者が求められています。そしてそれらの職場の多くで問題となっているのが浮気や不倫です。

 

看護師はなぜ浮気や不倫が多いのか

まず、看護師の仕事は異性と関わる機会が多いです。看護師の周りには収入の高い医者がいますので、不倫でもいいから付き合いたい、金銭的にでもいい思いをしたいと考える人も多いでしょう。医者と浮気や不倫をしていても、「仕事上の付き合い」という言い訳が立つため、疑われても確信に迫られにくいという状況があります。

 

また、病院には多くの人が患者として訪れます。中には長期間入院する人もいますので、自然と親しくなりやすい環境と言えます。入院した患者の中に自分の好みのタイプがいたら、好きになってしまってもおかしくありませんよね。

 

病院以外の訪問介護ステーションや介護保険施設での不倫は、施設の利用者家族が相手のケースが多いそうです。介護施設に入れているのはある程度金銭的に余裕のある人たちです。つまり金銭的にゆとりがある人たちと不倫関係になりやすい環境が出来上がっているといえます。

 

さらに家庭内では看護師という仕事柄、女房の帰りが遅かったり、夜に家を空けていても不審に思われません。これほどまでに看護師という職業は浮気に好都合な条件が整っているのですから、少しでも浮気をする気がある人なら迷わずやってしまってもおかしくありません。

 

妻の浮気が疑わしい場合

「最近家内の帰りが遅くなった」「嫁の夜勤勤務が増えた」など、急に仕事が忙しくなったように感じたら、もしかしたら浮気の可能性が疑われます。まずは妻の勤務シフトを把握して、そのとおりに働いているかを確認することから始めましょう。

 

⇒妻の不倫調査で選ばれる探偵・興信所ランキング