介護職の女性の浮気・不倫

介護職の女性(妻)が浮気しやすい理由と不倫の対処法

女性介護職員が働く職場

介護職とは、老人ホームやデイサービス(通所介護)で利用者の日常生活を手助けする職業です。女性の割合が高いのが特徴です。関連する資格の種類は多く、代表的なものは介護福祉士、社会福祉士、訪問介護員(ホームヘルパー)、ケアマネージャー(介護支援専門員)です。デイサービス(通所介護)や特別養護老人施設で働く職種を指して生活相談員といわれることもあります。

 

介護職員の浮気しやすい条件

介護職は女性であっても肉体労働が主な業務です。対象となるのは介護が必要な人ですから、多くが老人です。そのため認知症を発症していたり、コミュニケーションがうまく取れない人も多いため、ストレスがたまりやすい職業といえます。また、職場によっては夜勤もあるため、肉体的にも精神的にも辛い職業です。そのため介護職の離職率は高いです。

 

このような職場の大変さは職場の同僚が一番よくわかるものです。加えて、同じ施設内で働く同僚と日常的に接する機会が多いため、職場の人間関係に気を使わなければならないことも多いです。同時に、自然と異性として意識することも多くなります。

 

また、要介護者の家族と接する機会も多いのも特徴です。同じ施設内だけでなく、ホームヘルパーの場合は訪問先の家族と知り合う機会も多いです。仕事の時間が不規則であるため嫁は夫に言い訳がしやすく、時間が作りやすいのも浮気が多く発生する特徴と言えます。

 

介護職員は看護師(看護職員)と並んで浮気率が高い

少し前までは女性の職業で最も浮気が多いのが看護師と言われていました。しかし高齢化の影響により介護職に就く女性が増え、最近では介護職員のほうが浮気する確率が高いとまで言われるようになっています。

 

不倫への対処法

介護で働いている家内の夜勤が急に増えたり、飲み会が増えた場合は注意が必要です。本当にその日は出勤なのか、飲み会はどこでやるのかなどを、できれば妻以外の人にも確認しましょう。

 

また、介護職員の女性が不倫する理由は単純にストレス発散であることが多いです。そのため、常にストレスを抱えている妻のケアをしたり、女房との性生活を充実させることも効果的な不倫予防になるでしょう。

 

⇒妻の不倫調査で選ばれる探偵・興信所ランキング

 

⇒妻の不倫調査で選ばれる探偵・興信所ランキング