妻の浮気診断チェック方法

浮気妻?浮気しない妻?診断チェック方法

夫から見れば浮気しない妻に見えても、女性であることに変わりはありません。浮気性がないように見えても、ふとしたきっかけで不倫する女性がいるのも事実です。嫁・彼女が浮気しているかを診断する浮気診断というものがあります。浮気の兆候をチェック項目にしたもので、妻に不倫の疑惑がある場合、判断の材料にできます。以下では不倫を見抜くための浮気チェックポイントを挙げていきますので、参考にしてみてください。

 

体に触られるのを嫌がる

女性の浮気の特徴は心の移り変わりにあります。浮気相手に心を許していると、他の男性には触れられるのも嫌になるものです。子供の相手で疲れた、体調が悪い、気分が乗らないなど、何かと理由をつけて夫婦の営みを拒むようであれば、不倫が疑われます。ただし、原因が不倫ではなく、単に不満が溜まっているのかもしれません。まずは軽いスキンシップから始め、女性側の不満を解消するように努めましょう。それでも全く改善しようとしない時は浮気の可能性が濃厚です。

 

携帯を手離さない

携帯は不倫相手との連絡手段です。そのため携帯を肌身放さずにいる場合は浮気のサインかもしれません。また、他にはLINEの着信通知に何も表示されないように設定してある、風呂やトイレまで携帯を持ち込む、寝る時も近くに置いている、最近になって携帯にロックをかけた、携帯に触ると怒る、一緒にいるときは電話が鳴っても出ない、などです。これらの半分以上に当てはまるようであれば、かなり怪しいと言えます。

 

行動パターンが変わった

今までつながっていた時間帯に電話をしても出ない。浮気の真っ最中は誤魔化しがしにくいものです。「たまたま仕事が前倒しになり、家に帰ると家内がいない、理由を聞くと怒り出し、怪しいと思った矢先に不倫が発覚した」という方もいます。また、趣味や習い事で外出が多くなったり、旅行の頻度が増えたり、古い友人や仕事の飲み会や残業が増えたりするのも怪しむべきです。

 

家事に手を抜くようになった

女房との会話が少なくなり、帰りが遅くなっても全く気にしなくなる。まるで夫がいないかのような扱いで、料理や掃除もろくにやっていない様子。それは夫に興味を失ったためかもしれません。逆に夫の行動予定を詳しく聞き、特に帰宅時間を細かく知ろうとするようになったら、浮気相手と会う時間をたくさん取るためかもしれません。

 

洋服や装飾品にかわいらしいものや派手な下着が増えた

特にこれまでファッションに無頓着だった人が気にしだしたら、浮気の確率が高いです。他には化粧を入念にするようになったり、若作りな服装に関心を持つようになったら、自分より若い人と浮気をしている可能性があります。

 

不倫かどうかを判断する決定的な証拠はアリバイがあるかどうかです。逆にいえば、不倫をしている人はアリバイづくりに必死です。何度も嘘をつけばどこかにボロが出るはずです。妻の発言を鵜呑みにせず、周囲の人にさりげなく確認を取るなどしましょう。

 

⇒妻の不倫調査に強い興信所・探偵社ランキング