妻の浮気を防止するには

妻の浮気を防止するには?浮気の対処・対応について

妻の不倫の多くは心の満足感が得られないことが原因となっています。愛情を感じて気持ちが充実していれば、不倫はしません。しかし不安や孤独を感じると誰かに頼りたくなってしまいます。その手段の一つが不倫なのです。

 

浮気を防止するには

まず、嫁の浮気を防止するためには、男性側が問題に対処する努力が不可欠です。日常の会話を振り返り、妻と口論になった出来事などを思い返してみます。そして自分に否があると考えられるものは素直に反省し、直しましょう。どちらが悪いとも言えないものでも、まずは相手の言い分を受け止めることが重要です。

 

また、いくら妻のことを気にかけていても、その気持ちが相手に伝わらないと浮気防止には効果がありません。特に夫は仕事を優先する際に「仕事だから」の一言で終わらせてしまうことがあります。言い分としてはもっともですが、そのような対応では女房は「ないがしろにされた」と受け止めかねません。「申し訳ない」の一言だけで気にかけてもらっていると思えるのです。

 

また、マイナス評価をなくすだけでは不十分なこともあります。簡単にいえば、女性を喜ばせるツボを押させることです。

 

まずは褒めることです。褒めるだけでも、相手に必要とされている、かけがえのない存在だと感じられるのです。日頃からそのような気持ちを伝えていれば、浮気をすることもないでしょう。

 

また、マンネリ感を払拭することも長く一緒に過ごすためには大切です。そのためにはサプライズを実践するのがいいでしょう。最初は難しいものですが、サプライズにはいろいろな方法があります。以前と同じようなものは避けることで新鮮さを維持できれば、刺激を求めて浮気をすることもありません。

 

実際の体験談

結婚して数年が経過し、生活がマンネリ化したと感じ始めた夫婦の話です。性生活も頻度が低くなり、夫はもう一度結婚当初の雰囲気に戻りたいと考えました。たとえば、「きょうの料理は特においしいね」と伝えたり、髪形を少しでも整えたと気づいたら、「似合ってるよ」と言うようにしました。他にも相手のちょっとした変化を言葉にするようにしました。そして結婚記念日には、今まで気恥ずかしくて買ったことのなかった花束を家内にプレゼントしたりしました。すると、以前にも増して妻の笑顔が多くなり、性生活も充実するようになったということです。

 

同じように日頃の自分たちの口論を振り返ったものの、うまく行かなかったカップルもいます。けんかを振り返ると、彼女の問題点ばかりが気になり、自分の行動を反省することができなかったのです。当然相手に優しくすることはできず、明らかな自分の欠点を治そうとすることもしませんでした。結果、相手の女性の気持ちは離れてしまい、数カ月後に浮気の事実が明るみになったということです。

 

⇒妻の不倫調査に強い興信所・探偵社ランキング