妻の不倫調査

妻の不倫調査は探偵事務所・興信所の無料相談・見積もり依頼

このページでは、妻の不倫調査で選ばれる探偵事務所・興信所を、調査実績からなる信頼度、料金体系やサービスの良さ、依頼者の満足度などから総合的に評価した1〜5位の探偵社ランキングを紹介しています。いずれも、各リンク先の公式サイトにて、電話やメールによる無料相談・見積もり依頼を24時間受け付けていますので、ご参考にお役立てください。

原一探偵事務所

妻 不倫

≪選ばれるポイント≫
○日本最大級の調査員数で全国対応
○県庁に紹介される唯一の探偵事務所
○調査歴40年超で10万件以上の事例あり

○証拠が取れる探偵社と弁護士が推薦
○急を要する場合の当日調査が可能
○テレビ番組への協力実績が豊富
妻 不倫

 

イズム興信所(ISM)

妻 不倫 依頼

≪選ばれるポイント≫
○関東地域から全国ネットワーク
○裁判用の証拠収集に特化
○分かりやすい料金体系

○相談員は夫婦カウンセラー資格保持者
○顧問相談によるアフターサポートあり
○海外の調査も対応可能
妻 不倫 依頼

 

響エージェント

妻 不倫 見積もり

≪選ばれるポイント≫
○相談が運営する探偵社(興信所)
○調査成功率95%以上の実績・調査力
○調査費用は業界低水準だから安心

○裁判で有利な相談監修調査報告書
○急な調査依頼・即日対応も可能
○国内に4拠点あり全国の調査に対応
妻 不倫 見積もり

 

総合探偵会社TS

妻 不倫 探偵

≪選ばれるポイント≫
○関東エリアを中心に全国対応
○調査の成功率が98.4%の実績
○女性対応だからデリケートな問題も安心

○離婚専門の弁護士を無料紹介
○関係修復、復縁希望者へのアドバイス
○資格を有した専門カウンセラーが仲介役に
妻 不倫 探偵

 

AMUSE(アムス)

妻 不倫 興信所

≪選ばれるポイント≫
○証拠が出なければ調査費用全額無料
○調査員1名1時間7,500円〜
○調査員は10年以上のベテラン

○海外(国外)での調査も可能
○24時間受付・全国対応
○信頼の法人経営
妻 不倫 興信所

 

 

毎日会社に朝から晩まで仕事に出ている男性にとって、嫁や彼女が不倫しているのではないか、と心配になることも時にはあります。

 

パートナーの女性が自分と同様に会社勤めをしていれば、多少の安心感はあるかと思います。しかし、妻が専業主婦の場合、正直なところ、その行動を全て把握することはほぼ不可能でしょう。職場から家が近かったりすれば、ちょくちょくと家に帰ってアリバイチェックをすることもできるかもしれませんが、それはかなり特殊な例だといえます。

 

ほとんどの男性が、一日真面目に働かなければ終わらない量の仕事を抱えているでしょうし、ノルマ達成のために油を売っている暇もなく仕事に取り組んでいると思います。それに女性の方が恋愛に関する立ち振る舞いが上手なことも多いです。男性が仕事の片手間に尾行や二股の証拠集めをすることは間違いなく無理です。

 

そんな時には、探偵社などに調査の依頼をしてみてはいかがでしょうか?ネットで探せばたくさんの探偵社がヒットします。それぞれに特色があるので、依頼先に悩んでしまった場合には、上記の総合ランキング情報を参考にしてください。インターネット・web・メールであれば、24時間365日受け付けてくれますし、見積もりと相談は無料というところも多いので、複数社に悩みの相談を行い、比較検討の上、一番よかったところに契約お申し込みをするといった使い方もできます。

 

「今頃、不倫をしているのか・・・」と悩んでいても物事は何も進展しません。むしろ、妻に対する疑心暗鬼だけが膨らんでしまって、関係を悪くしてしまうことも考えられます。結果はどうであれ、不倫調査結果を得て、事実を自分の目で確かめることが一番大切だと思います。もし妻が不倫をしていたとしたら、今後の夫婦生活について話し合うことができますし、仕返しをするのか、弁護士を通して離婚調停、慰謝料請求をするのかなどの議論も可能です。不倫をしていなければ、疑いが晴れ、奥さんのことが今以上に好きになるかもしれません。

 

探偵(興信所)の必要性

女房の浮気は離婚裁判や離婚調停に発展することが多いです。はじめは許そうと考えていた夫でも、不倫がバレたとわかった途端に家内の態度が急変し、その姿を見て離婚を考え始めることもあります。ですが一度浮気がバレたと知ったら、妻が事実を隠すために証拠隠滅を図ることも多いです。そうなってからでは決定的な証拠を得られず、裁判を有利に進められません。離婚を考えてから証拠集めをしても遅いのです。

 

妻が浮気していると感じたら、まずは探偵や興信所に素行調査をお願いしましょう。不倫調査を専門にしている探偵社もあります。ここでは簡単に探偵の役割や選ぶ際のポイントをお伝えします。

 

探偵(興信所)の調査の流れ

まずは相談に行くことから始まります。相談は無料のことが多いです。相談して調査を開始することになると、まずは特に怪しい日時を調査します。調査結果によって追加調査を依頼することもあります。また、調査中にリアルタイムで報告があり、予定時間を超えて追跡調査を依頼できることも多いです。そして調査が終了したら、調査報告書と得られた証拠を受け取り、終了となります。その後慰謝料請求や離婚裁判を考えている場合は弁護士を紹介してくれるところもあります。

 

探偵・興信所の違い

探偵はもともと浮気調査や人探しなどの行方調査を主に行っていました。ストーカーへの対応や盗聴器発見などの調査方法もこうした目的のために発達しました。また、相手に気づかれず調査を行うのが基本です。

 

それに対して興信所は、もともと取引先などの信用調査が主な業務でした。代表的なのは結婚相手の信用調査や雇用対象者や取引先の信用調査です。外面的な調査が大半のため、詳細なデータは得られないこともあります。

 

しかし現代では社名が探偵でも興信所でも、ほとんど同じ業務を行っており、各社で得意分野が異なっている程度の違いしかありません。

 

探偵(興信所)の料金相場

尾行調査の費用は、調査員が2名で1時間あたり1万円から3万円ほどです。これ以外に車両費やレストランに入った場合は食費、公共交通機関を利用した場合の運賃などが経費としてかかります。

 

探偵(興信所)の選び方・ポイント

まず、探偵業法の届け出がされていることが最低条件です。加えて公安委員会で行政処分を受けていないことを確認しましょう。また、会社の所在地が公開されていなかったり、事務所での面会を頑なに拒む場合は避けたほうが無難です。所在地がレンタルオフィスだったり、転送電話や私書箱を利用して見せかけだけの可能性があります。

 

探偵社の中にはウェブサイトを運営している会社もあり、その会社の雰囲気や依頼者に対する対応を知ることができますので、じっくり比較してみましょう。また、問い合わせをして安心して任せられると思える会社を選ぶのもいいでしょう。

 

調査の値段によって調査能力を測ることはできませんので、無理に高い金額を払う必要はありません。また、年収や貯金を聞いてくることがありますが、いくら払えるか値踏みされているとみて間違いありません。問題外なのは契約書を交わさないで調査を開始しようとすることです。探偵業法では契約書の作成が定められているため、信用してはいけません。

 

嫁の不倫で頭がいっぱいかもしれません。ですがそんな時だからこそ、プロに依頼することで問題解決の糸口がつかめるはずです。

 

↑妻の不倫調査相談・見積もりランキングに戻る